Please Select Your Location

Thailand
Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
India
Ireland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malaysia
Malta
Mexico
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Singapore
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States
Việt Nam
المملكة العربية السعودية (Arabic)

Viveport リスト

コンテンツ URL

タイトルが発行されると、タイトルが https://www.viveport.com/mobileapps/ の末尾に続くアプリIDになります。

例えば、アプリIDが次の場合:8117abd4-b7e7-4c74-bdc5-b9e271e86b19

URL は次のようになります:https://www.viveport.com/mobileapps/ 8117abd4-b7e7-4c74-bdc5-b9e271e86b19

Viveport ウェブショップ上の Cardboard および Link コンテンツに URL はありません。

アプリケーションのタイトルと説明

コンテンツのローカライズ化されたタイトルと説明を記述してください。ローカライズされたコンテンツをお持ちの場合は、必ず言語の管理画面で適切な言語を選び、ドロップダウンメニューから言語を選択した後、訳したタイトルとテキストを追加して下さい。ストアにコンテント名を表示する際には、タイトルの長さを20文字以内にするのがベストプラクティスです。

Viveport デベロッパーコンソールに入力した時と同じ様に、 Android アプリマニフェストファイル に別の言語用のローカライズされたタイトルも設定してください。アプリケーションのラベル属性を設定する方法に関するガイドには、 ここ からアクセスできます。(*英語のタイトルと説明のみが入力されている場合、コンテンツを送信いただいた後に、当社があなたのタイトルと説明を簡体字中国語と繁体字中国語にローカライズするお手伝いをします。この場合は、後ほど Android アプリマニフェストを更新することができます。)

ランタイム

  1. Cardboard
  2. WAVE (LINK)
  3. WAVE

WAVE タイトルのコンテンツ マニフェスト

システムに極めて重要な情報を提供するコンテンツ マニフェストは、WAVE 対応コンテンツの全てに必要です。マニフェストファイルに展開する必要のあるコンポーネントに関する説明は、 WAVE SDK ドキュメント に記載されています。

以下は、あなたのコンテンツに対する弊社の理解を向上させるために役立つ、弊社がご記入を推奨するオプションです。メタデータは Viveport ストアがコンテンツを別のデバイスに配信する方法に影響を与えることがあります。正しいマニフェストファイルと共に APK をコンソールにアップロードした後、当社があなたの APK から解析した値を確認してください。

各コンポーネントには例が含まれています。

  1. ヘッドマウントディスプレイ (HMD) 用の DoF サポート機能:
    <meta-data android:name="com.htc.vr.content.NumDoFHmd" android:value="6DoF"/>

    コンテンツに対する HMD とコントローラの DoF サポートは個別に検討してください。
    • コンテンツが回転ポーズのみを考慮している場合、値を「3DoF」に設定します。
    • コンテンツが回転ポーズと位置ポーズの両方を考慮している場合、値を「6DoF」に設定します。
    • コンテンツが 3 および 6 DoF プレイの両方をサポートできる場合、値を「3,6DoF」に設定します。
  2. コントローラ用の DoF サポート機能:
    <meta-data android:name="com.htc.vr.content.NumDoFController" android:value="6DoF"/>
  3. あなたのコンテンツがサポートするコントローラの合計数
    <meta-data android:name="com.htc.vr.content.NumController" android:value="1"/>

互換性のあるヘッドセット(Cardboard コンテンツ向けのオプション)

モバイル VR コンテンツが特定のビューワ SDK をサポートしている場合、以下のオプションから選択できます(アプリが Google Cardboard SDK のみを使用する場合は空白にしてください)。

  1. Mojing 暴風魔鏡
  2. Deepoon 大朋看看
  3. Huawei VR

コントロール機能(オプション)

Cardboard:

  1. コントローラなし(デフォルト)
  2. マグネット
  3. タップ
  4. 3Dof コントローラ
  5. タッチパッド

WAVE (LINK):

  1. 6Dof コントローラ x 2(デフォルト)
  2. 6Dof コントローラ x 1
  3. コントローラなし
  4. 上記の全て

メディアタイプ、ジャンル、およびその他の必須項目。

コンテンツのメディアタイプを以下の2つのオプションから1つ選択してください。

  1. アプリ
  2. ゲーム

メディアタイプを選択した後に、以下のオプションから最大で5種類のジャンルを選択します(メディアタイプごとにジャンルセットは異なります)。

ビデオ レースング アクション
不動産 アドベンチャー RPG
アート、デザイン 健康、フィットネス SF
ビジネス ホラー シューティング
カジュアル ソーシャル 音楽
スポーツ ドキュメンタリー 物語
戦略 教育 シミュレーション
生産性 トラベル エスケープルーム

Digital rights management (DRM)

  1. Viveport SDK DRM

タイトルに Viveport モバイル DRM SDK を組み込んでいる場合は、このチェックボックスを選択してください。以下の文書を参照し、再確認してくだwさい。
>>Viveport DRM SDK

DRM SDK を完了する手順をご紹介します:

    • トップレベル API – Api.Init() を呼び出して、SDK ライブラリとクライアントランタイムを設定します。
    • API GetLicense() を使用して、Viveport から発行されるユーザーのコンテンツライセンスを取得し、現在のユーザーにコンテンツを起動する権限があることを検証します。以下のパラメータを入力してください。
      1. Viveport ID
      2. Viveport key
      3. LicenseChecker ( 注意:ユーザーのライセンス検証に成功または失敗した場合に何をするか決定するため、LicenseChecker のサブクラスを実装する必要があります。)
    • Viveport SDK の使用が完了したら、トップレベル API – Api.Shutdown() を呼び出してライブラリランタイムを破棄します。
  1. ラッパーベースの DRM

チェックボックスを選択し、以下の説明に従ってタイトルにラッパーベースの DRM を適用してください。このオプションは、Viveport モバイル DRM SDK またはその他の DRM ソリューションをタイトルに組み込んでいない場合に推奨 します。

    • チェックボックスを選択すると、「APK をアップロード」ボタンが表示されます。
    • APK ファイルをアップロードします。DRM ラッピングプロセスを完了するまでには、数分かかります。
    • DRM ラッパーを適用したら、APK をダウンロードして、リリースキーでタイトルに署名してください(以下の詳しい説明を参照)。
    • 「APK と新着情報」タブに切り替えて、最終版の APK を Viveport にアップロードします。

リリースキーでタイトルに署名するにはどうすればいいですか?

    • Java 開発キット (JDK) をコンピュータにインストールします。
    • システム変数の PATH 変数に JDK インストールの bin フォルダーの場所を追加します。パスは次のようになります:
      c:\Program Files\Java\jdk-9.0.4\bin
    • 「SignAPK」という名のフォルダーを作成して、サインインしたい APK ファイルを格納します。次に「SignAPK」フォルダー内に「key」という名のサブフォルダーを作成します。
    • 管理者としてコマンドプロンプトを実行し、「key」サブフォルダーディレクトリで以下のコマンドを入力します。
      keytool -genkey -v -keystore ./my-release-key.keystore -alias alias_name -keyalg RSA -keysize 2048 -validity 10000
    • あなたのキーストアの6桁のパスワードを2回入力し、あなたの名前と組織に関する質問に答えます。
    • 「key」フォルダーにある「keystore」ファイルを探して、APK ファイルとともに「SignAPK」フォルダーに格納します。
    • 「SignAPK」フォルダーのディレクトリで、次のコマンドを入力します。
      jarsigner -verbose -sigalg SHA1withRSA -digestalg SHA1 -keystore my-release-key.keystore your_apk_name.apk alias_name

「your_apk_name」の部分は、あなたの APK ファイルの名前に書き換えて下さい。

    • 「jar signed」と表示されれば、プロセスは完了です。
    • 次のコマンドを入力して、キーが署名されていることを確認して下さい。
      "jarsigner -verify your_apk_name.apk"